So-net無料ブログ作成
ダイエット ブログトップ

筋肉量 [ダイエット]

ダイエットをするとき、もし近くにアドバイスをすることができる人がいると

「運動は適度にやりましょう」

といったことを言われたことがあるかもしれません。

普段運動をしない人にとっては、無茶な条件という風に思うかもしれません。

しかし運動をしなければならないのにはれっきとした理由があります。

もちろん、アドバイスをしている人のいやがらせでも何でもありませんから、

念のため。

ダイエット期間を抜け出せば、普通の食生活に戻すこととなります。

ところで、普通の食事に戻すと、再び体重が元の状態に
戻ってしまうイメージはありませんか?

確かにダイエット前の食事量に近く戻してしまうと、
摂取カロリーが増えます。

ですから、そのままにしておくと、
再び体重が増加してしまう可能性はあります。

実は、ダイエット後に食事をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために適度な運動が必要なんです。

運動をすれば、おのずと筋肉がついてきます。

この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要な存在なんです。

筋肉は、われわれの身体の中で最もカロリーを使う部署です。

ですから日常の動きを筋肉の量の多い人と少ない人が
同じようにやったとしても、使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

もしダイエット期間中に、適度な運動をするような習慣をつけていれば、
筋肉の量が増えて生きます。

このため、たとえ昔食べていた食事の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、
すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができます。

ところが、ただ単に食事制限だけでダイエットをした場合には、
筋肉の量が増えていません。

逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、
カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。

ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

ということは、もしリバウンドを起こしたとしたら、
筋肉の量が少なくなっていますから、
なかなかダイエットに成功できなくなってしまいます。

このような事情があるから、ダイエットには適度な運動といわれるわけです。

ダイエットのペース [ダイエット]

ダイエットしようと考える方は少ないようですね。
でもダイエットに挫折してしまう人は少なくないようです。

なぜダイエットしようという意思があっても、
できないのにはもちろんわけがあります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

ダイエットというのは、食事制限があったり、
運動をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

できるだけ早めにダイエットは
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、かなり過激なダイエットをしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激な運動をするとかです。

かく言う私も一度、ダイエットで失敗してしまった経験があります。
私の場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

たとえば、今まで結構な食事の量を
とっていたにもかかわらず、かなり食べる量を減らしました。

またダイエットに運動だろうという
安直な理由でジョギングをし始めました。

距離もいきなり10kmぐらいは走ったでしょうか?

普段からスポーツをやっている人なら
それほどきついダイエットメニューではな
いかもしれません。

ところが私は、
今まで運動をほとんどやったことがない身。

体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという
経験はありませんでした。

ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

ひどいときには、電車が自分の駅に来たときに、
いすから立ち上がろうとしただ
けでクラッと来るわけです。

これでは日常生活に支障が出てくるかも知れません。

そこからダイエットのペースをゆっくりするようにしました。
そのときの私はちょっと無理をしていたようです。

私のケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むという
のはちょっと危険かもしれません。

あせらず、じっくりとダイエットはしたほうが
いいとよくダイエットのマニュア
ルに書かれています。

経験上、このことは正しいと思います。

空腹との戦い [ダイエット]

ダイエットというと、
最もつらいのが空腹との戦いです。

自分が今まで余分に蓄えてきた
脂肪分をエネルギーに変えていかないと
やせることはできません。

ところが、今までと同じように
空腹というのは変わらず襲ってくるもの。

ですから空腹感を紛らわせるような
一工夫が必要になってきます。

そこでお勧めなのがお水です。

水というのは、何もカロリーがありません。

もちろん、炭水化物や脂肪といった
ダイエットの大敵になるような成分も含まれていません。

それでいて、お水をコップ一杯でも飲んでおくと、
かなり小腹のすいた感じを抑えることができます。

ですから、ダイエット中には水は
いろいろな場面で活躍をします。

例えば、食事をする前にお水を一杯。

これだけでも、
食事の量を抑えることができます。

お手軽ダイエットといえますね。

またお水を飲む機会が増えてくると、
トイレの回数も多くなります。

実はここにも隠れたポイントがあるのです。

小便によって排出されるのは、
余分な水分以外にも老廃物なども含まれています。

老廃物というと、うまく排出されずに
たまってしまうとむくみの原因となること
もあります。

また老廃物が体内にたまってくると、
代謝の力を落とすことも分かっています。

つまり痩せにくく太りやすい体質に
なってしまうこととなります。

このような体質になってしまえば、
ダイエットがさらに難しくなりますから、

何としても避けたいところですよね?

水分をこまめに摂取することによって、
ダイエットの効果を高めてくれることが
期待できるわけです。

むくみなども解消してくれますから、
美容の面でも効果が抜群ということになります。

ただし勘違いをしてもらいたくないことが。

あくまでも水を飲むということは、
いかに空腹感を紛らわせるかということです。

ですから水を大量に飲んだところで、
直接的なダイエットの効果があるわけではありません。

太ることを予防するための方法ですから、
この辺のところはお間違えのないように。

もうダイエットやめよう [ダイエット]

あなたは食べても太るのですか?
本当ですか?

本当は食べてないんじゃないの?

昔、サラダだけのダイエットとか、
プロテインだけとか、

だけ だけ ダイエットをやったことがあるんじゃない?

だから、太るんですよ。
一度、無理に痩せた人は

少しだけ食べても太ってしまうの。
でも、食べないと太るのよ。


「え?食べても食べないでも
太るじゃないどうしたらいいの?」


はい、答えはやっぱり食べるしかないんですよ。
でも、なんでも食べていいか?と言うとそうではないんです。

だからといって、カロリー計算に頼っても駄目ですよ。

あんまりダイエットダイエットって考えない事と
カロリー計算なんかやめる事。

そして、毎日

ごはん おかず 汁 野菜

とバランス良く食事を楽しくするのよ!

周りの環境も大事よ。
応援してくれる家族や彼氏、友達

無理をしない事

そして、ダイエットから卒業して
他のことをやりましょう。

ココ大事です。

ダイエットを卒業するんです。

体重を減らす事ばかり気にしたって
幸せになれないんだよ。

だから、他のやりたい事を探して
そのやりたい事に没頭してください。

それが一番です。


スペシャルダイエットレポートを受け取る

肥満遺伝子だからとあきらめている方!それは関係ありません・・ [ダイエット]

肥満遺伝子だからとあきらめている人・・

それは遺伝子でも関係ないと思うのですね。

というのは、ある人のことです。


その方は、日本人の中でも、最も太りやすい

肥満体質の遺伝子を持つ方なのですが、

全く太らないのですよぉ~~。



これは、日ごろから習慣化していることが

積み重なって自然とそうなっているのですね。


その習慣化をあなたは知りたいと思いますか?


それは、簡単なことですが、

1.3食たべること朝と昼を普通に食べて夜は控えめに

2.肉や魚、お野菜をバランスよくたべること

3.甘いものをあまり食べないこと

4.お腹一杯にかな?と感じたらたとえ残っていても残す

5.水分を1日1.5リットル飲んだ


ということを長い年月ただただ、

やっただけなのですって・・。


あなたは、この5項目を辛いと思いますか?

思わないのであれば、ぜひ実践してください。


実践する価値は十分あると思います。

ダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。